後遺症患者さん@アゼルバイジャン からの贈り物

野戦病院掲示板の常連通院患者さんでいらっしゃる後遺症患者さんが、昨年末に一時帰国された際に、当院の患者さんのセラピー治療の一助にと、下のロシア製ソフトを御寄贈頂きました。
VHSはPALなのでHawkeyeもまだ未見ですが、取り敢えずそのパッケージをご紹介致します。 VHSはいずれも野戦病院掲示板でストーリー等話題になった作品ばかりです。 どうです、本邦では殆ど入手困難な作品ばかりで、なんとも好奇心をそそられるでしょう?

zubezuda1.jpgzubezuda2.jpg これが噂の「星(ズベズダ)」です。 ロシア語の響きはすべて濁音という恐ろしげな感じですが、前線の兵士と無線で交信する後方の乙女との純愛ものだということです。字幕版で観て見たいですね。左側左下にティーガーらしき戦車の姿も・・・むううロシアのことだから、もしかして秘蔵の本物?? 2002年モスクワフィルム製





























OnlyOldmenGoToThewar1.jpgOnlyOldmenGoToThewar2.jpg これは旧ソ連ウクライナ映画製作による航空戦争映画。
「年寄りだけが戦争に行く」というなんとも辛い(笑)題名だそうで、裏面の墜落したドイツ機は何でしょうかね? ソ連兵が搭乗するのはYakでしょうか。





























InTheQuietLakeside1.jpg これはVHS二本組セットの1972年ゴーリキフィルム製作による「静かな湖畔」。 表右下の乙女達がドイツ軍相手に奮戦するソ連版ひめゆり部隊のお話だそうですが、映画には4連20mmFlakらしき高射機関砲が搭乗するそうで、掲示板で話題に上りました。




























InTheQuietLakeside2.jpg

































RussianMilitaryPops1-1.jpgRussianMilitaryPops1-2.jpg 
こちらは音楽CD。 恐ろしげな対戦車ライフルを構える兵士のこのCDジャケット、どうもロシア国内での戦争ものTV連ドラのサウンドトラックのようです。 ロシア語の読める方は何と書いてあるか教えて下さい。
なんとラストの曲はカラオケです! 相当TVでヒットしたのかもしれません。



RussianMilitaryPops2-1.jpgRussianMilitaryPops2-2.jpg

これも音楽CD。表は、どうだ参ったか!の堂々の「赤い星」に戦闘!の文字、裏は大戦中の写真のようですが、PPsh41を抱えた兵士(図嚢をぶら下げてるので将校か)が手振りで突撃を命じており、モシンナガンにアイスピック型銃剣を立てた兵士がそれに従っている・・・というなんともミリタリーな作風ですが、中身は比較的とっつき易いポップス仕立ての曲です。
ロシア文字が読めませんが、もしかしてロシアでは有名なバンドのアルバムでしょうか。